うつの気持ちはお化粧で解消できる?!


クシャミや鼻水、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の嫌な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散っている量に追従するかのように悪くなるという性質があると知られています。

気分障害のうつ病は脳の中の神経伝達物質の「セロトニン」が足りず、不眠、憂うつ感、なかなか抜けない疲労感、食欲低下、強い焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図等の深刻な症状が見られます。

亜鉛は、DNAや蛋白質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞・組織の生まれ変わりに深く関わる酵素など、200種類以上存在する酵素の構築成分として非常に大切なミネラルの一種なのです。

基礎代謝量というものは就寝中ではなく覚醒状態で生命活動を保つ(鼓動、口からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張の維持等)のに必要な基礎的なエネルギー消費量のことを言います。

流行性感冒、即ちインフルエンザに適応している予防法や病院での手当を含めた必然的な措置というものは、季節性のインフルエンザであっても新型インフルエンザでも一緒なのです。

道路交通事故や作業現場での転落など、非常に強い外力が身体にかかった場合は、複数箇所に骨折が生じたり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、さらに重症の時は内臓が損壊してしまうこともあるのです。

お年を召した方や慢性的な持病を患っている人などは、一際肺炎に弱く治るのが遅いという傾向が見られるので、事前に予防する意識や早めの手当が必要です。

体脂肪の量(somatic fat volume)は変化が見られず、体重だけが飲食や排尿などによって一時的に増減するケースでは、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高くなるのです。

WHO(World Health Organization、世界保健機関)は、人体に有害なUV-Aの著しい浴び過ぎは皮膚にトラブルを引き起こす可能性が高いとして、19歳未満の若い人が肌を黒くする日サロを使用する活動の禁止を広く世界各国に勧めています。

万が一検査で残念ながらエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値を下回っており早発閉経(そうはつへいけい)だと判明した場合、足りていない分の女性ホルモンを補充するような医術で良くなります。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に中性脂質やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、脳梗塞を始めとした色んなトラブルの因子となる可能性があるといわれています。

細菌やウィルスなど病気を導く病原体が呼吸とともに肺の中へ入り込んで罹患し、片方もしくは両方の肺が炎症反応を見せている事態を「肺炎」と呼ぶのです。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータからは、大人と比較して体の小さい子どものほうが広まった放射能の深刻な影響をよく受容することが見て取れます。

日常的に横向きのままでテレビ画面を見ていたり、ほっぺたに頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をよく履いたりということは身体の左右のバランスを乱れさせる誘因になります。

物を食べるという行動は、食べようと考えた物をなんとなく口へ運んで幾度か噛んで飲み下して終わりだが、その後人体は実によく機能し異物を人体に取り込む努力を続ける。